お菓子作りのプロを目指し|nlpは協会でレッスン|人前で話すのが楽しくなる
このエントリーをはてなブックマークに追加

お菓子作りのプロを目指し

スイーツ

バランスよく学べる

小さい女の子の『将来なりたい職業ランキング』に必ずと言っていいほどランクインしているのがお菓子屋さんです。高校を出てから目標とする菓子店に就職し、そこで数年間の修業を積むという方法がパティシエを目指す際の最もポピュラーなルートです。なかには単身でフランスやベルギーといった洋菓子の本場に武者修行に行く人もいて、そういった人たちが現在のお菓子業界をけん引していると言っても過言ではないです。ただ、このほかに製菓について学べる高校に入学をするルートもあります。製菓高校に入学をすると、いち早くお菓子作りに関する知識や技術を学べるので、ほかの人よりも強烈なスタートダッシュをきれます。競争が激化するお菓子業界において、少しでも早く勉強を始めることにはとても大きな意味があります。また、バランスよくお菓子に関する知識を学べるというのも製菓高校に通う大きな強みです。実際のお店で修業をする場合にはそのお店の経営方針によって作るお菓子が限定されますが、製菓の学校ならあらゆるお菓子の製法を身に付けられます。

海外留学をしてみましょう

パティシエに対する人気の高まりから都心に限らずいろいろな地域に製菓高校が増えています。故に、複数の学校から選ぶというやり方も十分に可能で、それぞれの高校の特徴をきちんと押さえ、どこが自分にとってベストなのかを考えた上で選ぶとより充実したスクールライフを送れます。製菓科とシンプルに行っても学校ごとに教育に対する理念は微妙に異なります。たとえば、パティシエとしての技術を磨くことに重きを置いている学校もありますし、卒業後の就職のことまでを意識したカリキュラムを組み立てている高校もあり、学校生活はもちろんどこにするかで変わります。そんな中でおすすめなのが海外への留学がカリキュラムとして組み込まれている製菓高校です。もちろん、卒業後に修業をしに行くという選択もありますが、授業の一環としていく方がいろいろとサポート体制がしっかりとしているので安心で、言葉の壁などを気にする必要がないので存分にお菓子作りに専念できます。