仕事の魅力や資格|nlpは協会でレッスン|人前で話すのが楽しくなる
このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の魅力や資格

カウンセリング

医療関係の資格には色々なものがありますが、言語聴覚士もその一つです。言語聴覚士については、一般の人はあまりなじみのない資格であるかもしれません。言語聴覚士とは、音や声が聞こえない、伝えたいのにうまく話せない、食事をするとむせてしまうなどの悩みを抱えている人たちに、自分らしく生きることが出来るようにサポートする仕事です。これらの障害は子どもから高齢者まで幅広い年齢層で起こりうるため、言語聴覚士は色々な人たちに接する機会が多いです。この仕事では、日々の訓練や積み重ねが将来に実を結ぶことにやりがいを感じる人も少なくありません。医療スタッフの一員として患者をサポートして、改善の兆しが見えたときに最もやりがいを感じます。

現在、注目されている医療系の資格に言語聴覚士があります。言語聴覚士は国家資格であるため、試験に合格する必要があります。また国家試験を受験するためには、専門の学校や大学を卒業しなければなりません。具体的には高校を卒業したのち、文部科学大臣が指定した学校(3・4年制の大学や短大)か、言語聴覚士養成の専修学校(3〜4年制)を卒業する必要があります。また一般の4年制大学を卒業していた場合は、指定された大学・大学院の専攻科を卒業するか、指定の専修学校(2年制)を卒業が必須です。国家試験は毎年1回実施されます。合格率は約60%程度となっています。しかしこれは既卒を含めた合格率であり、新卒だけに限ると80%を超えています。そのため養成学校でしっかり勉強して、そのまま試験を受ければ決して難しいものではありません。